グーグルアドセンスのads.txtファイル問題を修正する方法【割と簡単】

こんばんは、こばとんです!

さて、このページに訪れていただいたということはGoogleAdSenseの上部に

「 要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 」

と表示されているに違いありませんね!

この記事では、そんなあなたの悩みをちょちょいと解決!

  • ads.txtファイルってなに?
  • どうやって解決するの?
  • 各サイトのルートレベルのドメインってなんだ?
  • よくわかんないけど解決したい!

そんなあなたのお悩みをズバッと解決しましょう。

今回は、私が利用している”エックスサーバー”で説明させていただきます。

エックスサーバー以外の方も、参考になる部分があると思うので目を通して頂ければ少しは解決の手助けになれると思います・・・!

スポンサーリンク

ads.txtファイルの問題を修正する方法

作業の流れとしてはこんな感じ。

  1. ads.txtファイルをダウンロード
  2. サーバーにログイン
  3. ファイル管理からads.txtファイルをアップロード
  4. おわり

実に簡単な作業で終わりますよ(*´ω`*)

①ads.txtファイルを作る

まずはGoogleAdSenseにログインしてください。

すると上の方に、このようなお知らせがあるはずです!

”今すぐ修正”をクリック

するとダウンロードの文字が表示されるので、お好きな場所に保存してください!

スポンサーリンク

②サーバーにログイン

次はサーバーにログインします!

エックスサーバーの方であればこちらからログイン出来ます。

ログインが完了したら、操作メニューの【ファイル管理】を選択。

するとサーバーのファイルがズラーっと表示されます。

おそらく他のサーバーでも同様にファイル管理をする場所があるので探してみてください!

フォルダの中に、自分のサイトのURLが書かれたファイルがあるのでクリック!

私の場合は”akatsuki-blog.com”のファイルですね。

するとまたファイルがたくさん表示されるので、【public_html】のファイルを探してクリック!

選択したPublic_htmlファイルのなかに、【ads.txtファイル】を入れます。

ファイルのアップロードから任意の場所に保存しておいたads.txtを選択。

最後にアップロードをクリックすればads.txtファイルを無事修正することが出来ました!

スポンサーリンク

きちんとads.txtファイルがアップロード出来たか確認しましょう。

以上で終了です!

しばらく時間を置けば、グーグルアドセンスの通知が消えるので安心して待ちましょう。

お疲れさまでした!


スポンサーリンク