Twitterでバズる方法の本質を考えてみた

出典:Mizter_x94 / Pixabay

こんばんは、こばとんです!

最近、アルバイト先の友達が「Twitterでバズりたいけどバズれない、どうすればいいんだろう」って言ってたんですよね。

その友達をフォローしていないので、フォロワーが何人いるのかは分かりませんがリツイートが最高でも33くらいって言ってました。

一方、元アルバイト仲間で、今はロードバイク販売店のスタッフをしている友達はTwitterでセール情報を流したところ、バズりフォロワーが一気に200名以上くらい増えたとのこと。

そこで今回はTwitterでバズる本質について考えてみたました!

結果、私が考えられる本質は1つかな~と思ったので、それを書きたいと思います!

与沢翼さんもおっしゃっていましたね、重要な本質だけに意識を向けろと。

その記事はこちら

スポンサーリンク

Twitterでバズる方法の本質

それは、「ユーザーに対して価値のある内容か

これがバズるため本質ではないかと考えます。

Twitterは個人が自由に好きなことを共有できるのが良い点だと思いますが

バズる上では、あなたの些末でどうでも良いツイート内容など

だれもリツイートやいいねをしたいとは思いません。

「今日は東京にきてまーす」

例えばですが、このような投稿にリツイート・いいねをしたいと思いますか?

よほど有名な芸能人の方々ではない限り、99%バズらないでしょう。

価値のある内容とは何か?

出典:Free-Photos / Pixabay

価値と言っても、人々が価値を感じる対象は様々です、難しく考える必要はありません。

しかし、バズることを狙うならば大衆受けしそうな内容がいいですよね。

面白い内容のツイート

リツイートしたくなるようなツイートってありませんか?

めちゃくちゃ面白くて、フォロワーにも見てほしい、シェアしたい。

相手にこのように思って貰える内容のツイートはバズりやすいと思います。

面白くてつい相手が笑顔になってしまうような価値あるツイートをしてみましょう。

とにかく凄いと思えるツイート

絵がめちゃくちゃ上手い!スリリングすぎる映像など

自分が当たり前だと思っても、相手からしたら凄いことなんてたくさんあります!

親指が人より柔らかくて曲がるとか、面白い内容に通ずるところがありますね。

相手に役に立つ内容

さきほどのロードバイクのセール情報でバズった話なんかはコレですよね。

ロードバイクが趣味な人・欲しい人に対してセールというお得な情報だった為

同じロード仲間にシェアしたい・教えたいと思ったからバズったんだと思います。

また、その情報があまり一般公開されていないものだと更にバズりやすい。

ネット上で溢れかえっているような情報では、価値はあっても「知ってるよ」となりやすいので・・・。

相手にメリットを与える、価値を提供することを意識してみましょう!

スポンサーリンク

例外もある?

なんだよ!本質は価値の提供じゃないのかよ!!という声が聞こえてきそうですが例外もありそうです。

それは、インフルエンサーにリツイートされること!

一時期話題になったピコ太郎さんとか、いい例ですよね。

世界的インフルエンサーのジャスティン・ビーバーさんにリツイートされて世界的に有名になりました。

しかし本質を考えると、面白くない・価値のない投稿に対して

インフルエンサーがリツートすることも無いと思うので

やはり本質は価値の提供なんじゃないかなと思います!

価値あるツイートをしよう!

ということで、結論は価値あるツイートをしよう!ということでした!

最近わたしもTwitterを始めました、あなたのフォローをお待ちしております!


スポンサーリンク